読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メニエール病を保険漢方で完治(体験談・回顧録)

産後以来、13年間メニエール病を患ったのち、保険漢方専門医にめぐりあって、完治した体験談・回顧録です。厳密に完治といえるのは天命を全うしたときかもしれないけれど、漢方治療の前後では、体調が根本的に異なり、再発しそうにないし、実際、再発していません。嬉しいことに、メニエール病完治以外にもよい効果がいろいろありました。メニエール等でお悩みの方にご参考になれば幸いです。

『漢方専門医』を見つける5つのポイント。私の経験から

 

漢方治療を受けるなら、『漢方専門医』にかかることをお勧め

ときどき、内科等で「漢方も処方しますよ」というところがありますが、これは『漢方専門医』ではありません。こういうところでは、漢方に対しても、西洋医学的な考え方に基づいて、症状に対しての処方をしており、素人が各種漢方薬の説明書きを読んで選んでいるのと大差ないと、漢方に関しては、経験上、思います(個人的な意見です)。

 

一方、漢方専門医は、……

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ にほんブログ村            耳鳴り・めまい ブログランキングへ

 

 

 

患者さんの『証』(体質、全身的な状態、体内バランス)を診断し、『証』に対しての処方をして、バランスの歪みを治していきます。同じ症状でも、『証』が異なれば、処方される漢方薬は異なります。逆に、ひとつの歪みから様々な症状を引き起こしている場合は、同時に複数の症状が治ってしまうことがあり、これを「異病(いびょう)同治(どうち)」(異なった病気に同じ治療を行うこと)と言うそうです。

 

内科等で処方してもらう漢方は、たまたま効くことはあるかもしれませんが、基本的な考え方が異なっているので、漢方治療を受けるなら、漢方の専門医を訪れるのがよいでしょう。

 

実際、私も近くの内科で「専門医ではないけれど漢方も処方しますよ」というところで処方をしていただいたことがありましたが、残念ながら効いている感じはありませんでした。

 

ただ、治療の選択肢として漢方を見出しにくくなってしまっている今の日本で、漢方を選択しのひとつとして示唆しているという点で、「漢方も処方します」という内科はも存在意義があるとは思っています。私も、もっと早く漢方に出会っていれば、13年も苦しまずに済んだはず……

 

『漢方専門医』を見つける際の5つのポイント

それでは、『漢方専門医』ってどうやって見つければいいのか? また、本当に専門医なのかどうか見極めのポイントは? という観点で、受診前から受診時まで、時間軸に沿ってポイントをまとめてみました。

 

1.「漢方外来」など、『漢方専門医』であることを謳っている

インターネットで探すにしても、知人の口コミで探すにしても、「漢方外来」など、『漢方専門医』であることを示していること。内科だけど、漢方も処方していますというのは、多くの場合、漢方専門医ではありません。

 

何もツテがない場合は、大学病院や総合病院などの大きな病院の漢方外来が探しやすいかもしれません。首都圏なら、例えば、北里、慶応、東京医科歯科、千葉大などなど、ほかにもたくさんあります。もし、働いていて平日の午前中は受診できないなど、不都合がある場合は、なんとか一度だけ受診して、開業している『漢方専門医』の紹介をお願いしてみるのもよいかもしれませんね。漢方の場合は専門医の数が少ないので、必ず紹介していただけるかどうかはわかりませんが。

 

漢方の専門治療を受けられるところとして、ほかに、医師ではありませんが、漢方薬局もあります。薬剤師の免許で、漢方を学んだ方が専門的に処方してくださるところですね。こういったところもきちんと処方していただけるとは思うのですが、保険の適用を受けられないと思います(間違ってたらすみません)。

 

動物性の生薬など一部の漢方薬は、医師の処方があっても保険は適用されませんので、保険適用だけで治療したいのか、場合によっては保険外のお薬も検討したいのかは、医師に相談したり、要望を伝えたらいいと思います。保険適用のお薬で、かなりの範囲をカバーできているとは思います。

 

2.漢方を学んだ履歴がある(これは目安です)

たとえば、遼寧中医大学付属日本中医薬学院卒など、漢方を学んだ履歴がプロフィールに記載されていれば、一つの目安になります。ただ、学校などに通わずに、漢方医に弟子入りして学ぶ方もいるので、学校を卒業していないからといって、漢方を専門的に学んでいないということにはなりませんし、学校を卒業している方も、卒業後に漢方医のもとで学び続ける方が多いそうです。

 

3.『四診』を行う

患者さんを診察する際に、漢方では、通常、4種の診断方法『四診』を行います。『四診』とは、『望診』(視覚的な情報による診察)、『問診』(そのままです)、『聞診』(聴覚的な情報による診察)、『切診』(『腹診』『脈診』などを含む触診)です。毎回すべてを行うとは限りませんが、特に初診時には、これらのうちの複数を行うことが多いと思います。

 

お腹と関係ない場所の症状で漢方医を訪れても、『証』を同定するために必要であれば、『腹診』を行うこともあります。

 

漢方の先生であれば、待合室での様子や診察室に入室する患者さんの様子を、注意深く観察されることが多いと思います。

4.『証』を診れる

先に書いた通り、『漢方専門医』は、『証(しょう)』に対して処方を行います。ですので、『漢方専門医』は、初診で『証』をほぼ特定できます。

 

『証』というのは、体質みたいなもので、『気虚』『気滞』『血虚』などなどという、独特な言葉で、体の状態を表します。

 

ひと通り『四診』がすんだところで、処方をする前に、『証』をある程度特定しているはずです。『証』についてのお話がなければ、自分から尋ねてみてください。それでも『証』についての説明がなければ、『漢方専門医』ではない可能性がありますね。

 

ただし、『証』については初診でほぼ特定できますが、それに対する漢方処方については、体の反応をみながら何度か試行錯誤することがありますし、治療の過程で『証』の移行などによって試行錯誤することもあります。

 

5.特に初期は、長くても2週間程度毎に処方を調整、再検討する

状況によっては、数日間漢方を処方していただいて飲むだけでよくなることもあります。一方で、例えば、私のように『気虚』の方の場合は、だいたい半年~1年くらい、場合によってはそれ以上、治療が必要な場合が多いようです。

 

長期にわたって治療する場合でも、一度処方したまま何か月も長期間放置することは、通常はありません。なぜなら、季節の移り変わり(暦には、2週間ごとに季節の名前がありますね)や、治療による『証』の移り変わり等に応じて、処方を変える必要があることがあるからです。

 

私の場合も、例えば、季節の移り変わりで言えば、暖かくなる季節の変わり目には、体をあたためる処方を少し控えめにしたり、寒くなる季節の変わり目には、体をよりあたためる処方に変更したり、ということがありました。

 

検討した結果、処方を変えない方がいいと判断される場合もよくありましたので、必ず変わるとは限りません。

 

以上が、私の経験に基づく、『漢方専門医』の見つけ方です。

専門家ではないので、ご参考まで。

最終的な判断は、ご自身の責任で行ってくださいね。

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ にほんブログ村               耳鳴り・めまい ブログランキングへ