読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メニエール病を保険漢方で完治(体験談・回顧録)

産後以来、13年間メニエール病を患ったのち、保険漢方専門医にめぐりあって、完治した体験談・回顧録です。厳密に完治といえるのは天命を全うしたときかもしれないけれど、漢方治療の前後では、体調が根本的に異なり、再発しそうにないし、実際、再発していません。嬉しいことに、メニエール病完治以外にもよい効果がいろいろありました。メニエール等でお悩みの方にご参考になれば幸いです。

発症から13年。漢方の専門医にたどり着いた経緯

 

メニエール病を発症したのは、産後すぐ。以来、耳鼻科、心療内科、内科、鍼などにかかっても、効かない、もしくは、一時的に効いてもすぐに症状は繰り返すばかり。これでは自宅安静の方がまだましと思うようになり、だんだんと病院に行かなくなっていました。

 

一方、発症から7年ほどがたったころ、40代になっても吹き出物が出ることが気になっていました。たまたま東洋医学に触れるきっかけがあり、その後、本を読んだり、千葉大学の漢方自由講座で得たにわか知識をもとに、自分で選んだ市販の漢方薬を飲んでみたところ、吹き出物が完治。ついでに、メニエールも軽症になり、完治はしないものの、生活に支障がなくなったので、その薬を飲み続けていました。

 

しかし、発症から12年目&13年目の夏……

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ にほんブログ村               耳鳴り・めまい ブログランキングへ

 

 

久しぶりに、またあのぐるぐるめまいが起こり、その後、体がだるくて起き上がれない状態が約1か月続きました。食欲も落ち、体重は1か月で2キロ減。

 

約1か月寝込んでいたので、生活に支障をきたしていました。子どももさすがに心配しています。

 

家族からは「病院に行けば?」と言われましたが、それまでの13年間の経験から、「病院に行っても、効かなくてまずい薬(イソバイド!)を処方されるだけで治療できないから……」と答えて病院には行きませんでした。

 

その後も寝たり起きたりの日々がさらに1か月ほど続きました。自分で選んだ漢方をのんでいてもこの状態なのだから、何か別の対策が必要だと思い始め、まず、近くの内科で「漢方も処方します」というところ(漢方の専門医ではない)を受診し、漢方薬をひとつ追加していただいたものの、体に変化が現れず、効きそうな気配がありませんでした。

 

毎年の健康診断も異常なしだから、普通の病院でメニエール以外には処置なしになってしまいます。

 

このままではだめだと思って、漢方の専門医を検索したところ、ある国立大学病院で、漢方の専門医が外来診療をしていることを見つけ、診察を受けることにしました。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ にほんブログ村           耳鳴り・めまい ブログランキングへ